SERVICE



弊社サービスについて

 

弊社サービスのご紹介前に、なぜ弊社が選ばれているのかをご説明したいと思います。

弊社の強みは

 

1.フットワークの軽さ(Speedy)

中小ならではの小回りの対応の速さをクライアントから支持されています。

 

2.最新技術ノウハウ導入(Latest Tecnology)

日進月歩で日々進化し続けているIT業界ですが、最新の技術情報をいち早く自社内部にて勉強・習得し、クライアントサービスに最適なものを提供できる体制を敷いています。

またそれが効果が期待できるものか否かを選別し検証し、これはいいと判断できるものだけ導入する選別眼が強みとなっております。

 

3.リーズナブルな適正価格(Reasonable)

価格崩壊がおきている昨今、当然安い方がコストパフォーマンスがよいのは誰でも分かりますが、いざ頼んでみると安いけど質や対応が悪かったり、費用を安く見せかけたビジネスクレジットで昔流行ったリースと同じで5年しばりだったりとサービスが開始してみないとよくわからない業界ではあります。

弊社ではどのサービスにも、常に時間とそこに割く人的コストとムリ・ムダ・ムラを排除したリーズナブルな適正料金価格設定をしております。

 

上記3つの理由により、弊社は創業時から一貫した体制を構築しているため

営業しなくても口コミスタイルで仕事を依頼されております。

 

 

3つのサービスを軸に事業展開

1.Content marketing(コンテンツマーケティング)

お客様の経営資源を適切で価値ある一貫したコンテンツをWEB上に構築し、
見込み客となるターゲット像を明確にし、その視聴者に適切な情報を提供することにより、潜在的な見込客を集客し、行動させる動機づけを促すコミュニケーション戦略をWEBを通じて実現させる事業です。

弊社では、まず徹底した独自のヒアリング手法からクライアントの経営資源をより魅力的にWEBに展開させるヒアリングノウハウがあります。
情報過多な現代社会において、「クライアントが伝えたいこと」と「ユーザーが知りたいこと」のギャップを適切なコンテンツを提供させることでより強固な関係性を構築させることこそが今一番求められていることであるからです。

弊社の強みであるこのコンテンツマーケティングノウハウは、他社が真似しようと思っても真似できません。
なぜなら、この独自のコンテンツマーケティング手法は弊社代表が以前のITコンサルティング会社で過去2000社以上の地場企業や病院などの経営者とのコンサルティング提案営業の中で構築し実績を出し続けてきた弊社独自のアナログ的なWEBマーケティングノウハウだからです。

 

2.Branding strategy(ブランディング ストラテジー)

ブランディングとは、誰が・誰に・何を・どのように伝えるか?というコンセプトや戦略を明確に意思決定し一定の指示を得ることです。

弊社におけるブランディングとは、クライアントの経営資源である人・物・サービスに価値を感じてもらうことだと考えています。
弊社はクライアントのもつ経営資源を最大限にWEB上に引出し、それをWEB上で構築させるお手伝いをさせていただいております。

 

3.Media Optimazation(メディア最適化)

世の中には現在、様々なメディア媒体が存在します。
かつては一定の効果があったTV・新聞・チラシなどの一方向的なメディアからインターネット上のリスティング広告など抽出すれば様々な手法がとれる今、選択するのは容易ではありません。

もちろん全部できればそれに越したことはありませんが、やはりメディア露出というのは元手のかかるものです。ただ全部できる企業とやはり効果測定が図りやすいもので極力コストがあまりかからないものだけに絞ってスポット的に露出したいと考える中小企業様がほとんどだと思います。

弊社ではROI(費用対効果)に基づき最適なメディア戦略をクライアントにレクチャー・助言・サポートさせていただいております。

単なるアクセスアップして露出させる時代は終焉にきています。

今求められているものを最適なタイミングで最適に利用する時代にきています。

SEOやPPCなどで、単にアクセスを集めても何らまったく意味がありません。

重要なのは、いかに、コンバージョン率を高めてユーザーのアクション(行動)を促し成果・結果に結びつけるか。

弊社は上記視点に基づき、クライアントのメディア選定・戦略に対し助言サポートを行っております。

 

成功事例やホームページ制作のことで相談したいことがございましたら

下記フォームからお気軽にご相談ください。


(必須)
例)山田 太郎
(必須)
例)mail@example.com

例)092-000-0000
(必須)